・告白の際に伝える言葉は大事だが
告白がうまくいくかどうかは好きな人とどんな関係を築いてきたのか、という経緯が最も大事である

⇒好きな人にとって知らない人や好きな人にとって信用できない人から
「好きです。付き合ってください」と告白されても、応えたいという気持ちになれないのはやはり
その人のことを好きになれる要素が無いから

・好きな人から好かれるようになるためには
好きな人とどれだけ接触し続けてきたのか、

好きな人にどんないいものを伝え続けることが出来たのか、

それらが有るか無いかで結果が大きく変わってくる

・恋愛も人間関係のひとつ=恋愛も信頼が必要ということ
⇒あなたが好きな人から信頼される存在であればあるほど
「好きです。付き合ってください」というシンプルな告白でも好きな人と恋仲になれる可能性は十分にある

・逆を言うと「好きです。付き合ってください」というシンプルな告白で好きな人と恋仲になりたければ
好きな人を1回でも多く喜ばせたり楽しませたり、
好きな人の悩みごと、困りごとの解決にどれだけ小さくても尽力し続けることで
好きな人から世界で一番信頼される存在になっていくこと

・告白はギャンブルではない=告白すればうまくいくんじゃないか?という曖昧さでは告白はうまくいかない
⇒【告白は恋愛成就を決定付ける最後のピース】である

つまり、「告白したら好きな人と恋人になれる」ではなく
「好きな人と恋人になれるという確証と自信があるから告白する」
というのが告白するということの正しい意味である