勤務地が違うが同じ会社に勤める【年に2~3回接触できる】先輩男性のことを好きになった【恋愛初心者な女性】が先輩男性と恋仲になるための方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

教えてgooにこんな恋愛相談がありまして。

 

■接点のない会社の先輩へのアプローチ方法

社会人2年目の女です。

同じ会社ですが、
勤務地が違う5歳年上の先輩のことを去年一度会った時からかっこいいなと思い、
2回目に飲み会があったときに好きだなと思うようになりました。

その飲み会ではほぼ話をしていません。

その先輩に会える機会は年に2.3回なので、
実らない恋だと思って諦めていたのですが、
同じ部署の先輩が今度飲み会を開いてくれることになりました。

そこで連絡先を聞いて何とか繋がりをもちたいと思っているのですが、
一度少人数で飲んだ時に連絡先を聞き、
その後どうやってアプローチすればいいのか全くわかりません。

お恥ずかしい話ですが、
今まで自分から人を好きになったことがないため、

自分からアプローチしたことがなく、
男性に自分からアプローチすることに抵抗を感じてしまっています。

かつ、会社の先輩に次に2人で会おうと言うのは気が引けてしまいます、、
が、この状況なら言うしかないのでしょうか?

奥手すぎる性格なのに
いきなり会社のほぼ接点のない先輩は
ハードルが高すぎるのかなとか悩んでいます。

恋愛初心者すぎる自分にアドバイスくださると嬉しいですm(__)m

※引用元URL
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10541776.html

 

では、よしのぶの見解ですが、

 

そこで連絡先を聞いて何とか繋がりをもちたいと思っているのですが、
一度少人数で飲んだ時に連絡先を聞き、
その後どうやってアプローチすればいいのか全くわかりません。

 

今回のご相談者さんは男性や恋愛に対して奥手とのことですので
好きな男性との接点がほとんど無い状態で
今回のご相談者さんから積極的に
好きな男性に接していくというのは
勇気がとても必要なことだろうとよしのぶは思います。

ですが、
好きな男性からアクションを起こしてもらえていないのであれば
男性に対しても恋愛に対しても奥手であろうが

それでも今回のご相談者さんから先に
好きな男性に対してアクションを起こしていかないかぎりは

今回のご相談者さんが望む
「好きな男性との恋愛成就という素敵な未来」を
残念ながらいつまで経っても作り上げることは出来ません。

なので、恥ずかしいかとは思いますが
自分の未来を幸せなものにしたいのであれば

今回のご相談者さんから先に
思い切って好きな男性に話しかけるという行動を起こす必要があります。

あとは、今回のご相談者さんが
好きな男性に何を話しかければいいのか?

それは・・・

【質問する】

ということです。

当然のお話をしますが
好きな人の心をつかみたくても
好きな人がどんな人物なのかを理解出来ていなければ
好きな人の心をつかむ方法を確立するのは極めて難しいものです。

今回のご相談者さんも
好きな男性とはほぼ接点が無いとのことですし、

また、せっかく好きな男性と
連絡先(※LINEですかね?)を交換できていても

それでも好きな男性と
今回のご相談者さんは交流を深めることができていないようですので、

ですので、今回のご相談者さんにとっては

 

自分からアプローチしたことがなく、
男性に自分からアプローチすることに抵抗を感じてしまっています。

 

と、頭を抱えてしまうのも無理も無いことでしょう。

連絡先を交換できているとのことですので
やはり、何もしないのは極めてもったいないことですから、

好きな男性の心をつかむためにもやはり
まずは今回のご相談者さんがしっかりと
好きな男性がどんな人物なのかを把握して理解を深めることが大事です。

そして、そのためには
今回のご相談者さんから積極的に
好きな男性に質問することをよしのぶはお勧めします。

では、今回のご相談者さんは
好きな男性にどんなことを質問していけば
好きな男性の心をつかむ方法が見えてくるようになるのか?

まずはド定番の質問内容として、

・好きな食べ物、飲み物、スイーツ

・好きな有名人、芸能人、歌手、俳優、女優、アイドル

・趣味、好きなこと

・最近観ているTV番組

・好んで聴いてる歌手の歌

を、好きな男性に聞いてみるといいでしょう。

よしのぶとしましては
上記すべての質問を好きな男性にしてみることをお勧めします。

質問回数が増えてしまいますが
その分だけ今回のご相談者さんは
好きな男性とのやりとりを増やすことができますし、

好きな男性とのやりとりが増えるということは
好きな男性の心に
今回のご相談者さんの印象がその分だけ焼き付けられる、
という効果も見込めますので。

また、おふたりとも接点や交流がほとんど無い分、
今回のご相談者さんから自分のことをいろいろと聞かれるとなると
好きな男性としては今回のご相談者さんのことが
やはり気になってくるでしょうからね。

まずは上記のド定番の質問を
好きな男性に出来る限り多く質問していく。

好きな男性から返ってきた答えから
好きな男性はどういう人物なのかを
把握・理解していくことに尽力する。

「好きな男性から返ってきた答え」の中で
「今回のご相談者さんに合いそうなこと」に関して
さらに質問をしていく。

たとえば、
好きな男性の趣味が「筋トレ」で
今回のご相談者さんも「筋トレ」に興味があるとしたら、

「どうして筋トレをやろうと思ったの?」

「筋トレは毎日やってるの?」

「1日あたり筋トレに使ってる時間はどれくらい?」

「筋トレの際に使ってる器具は何?」

・・・という感じで
好きな男性の趣味である「筋トレ」に対して

今回のご相談者さんも
「筋トレ」に興味を持っているということを
しっかりと示すことができる質問を送る。

そうやって、
好きな男性と今回のご相談者さんが
「共通の何か」に関する話題・ネタを
共有・共感できる時間を1秒でも長く増やしていけると

好きな男性は今回のご相談者さんに対して
興味・親近感・好意などを持ってくれやすくなるわけです。

そして、ここまでの流れを
今回のご相談者さんにしっかりと繰り返して頂くと

当然ながら好きな男性は
今回のご相談者さんに対する興味・親近感・好意を
さらに持ってくれるようになります。

そして、好きな男性から
今回のご相談者さんに対して
「会おうよ」みたいなアクションを起こしてもらえる確率が高くなりますし、

また、今回のご相談者さんから先に
好きな男性に対してお誘いしても大丈夫という流れを
しっかりと作り上げることができるようになります。

「好きな人から好意を持たれる」というのは
「好きな人の何を把握して理解するのか?」
その答えを誰よりも極め続けることです。

ということで、

 

今まで自分から人を好きになったことがないため、

自分からアプローチしたことがなく、
男性に自分からアプローチすることに抵抗を感じてしまっています。

かつ、会社の先輩に次に2人で会おうと言うのは気が引けてしまいます、、
が、この状況なら言うしかないのでしょうか?

奥手すぎる性格なのに
いきなり会社のほぼ接点のない先輩は
ハードルが高すぎるのかなとか悩んでいます。

 

まずはしっかりとその男性と
LINEなりメールなどでの会話のやりとりを積み重ね続けながら

今回のご相談者さんが好きな男性のことを
今よりもさらに把握して理解していくことに努めて頂きながら

今回のご相談者さんが【好きな男性と共感出来ること】を
好きな男性とのやりとりを通じてひとつでも多く見つけていきつつ、

その【好きな男性と共感出来ること】で
好きな男性に対して質問や雑談などを行い続けながら
好きな男性との心の距離を縮めていくことに全力を注ぐことを
最優先されるといいというのがよしのぶの見解です。

ですので、好きな男性との心の距離が縮まっていない状態では

 

会社の先輩に次に2人で会おうと言うのは気が引けてしまいます、、
が、この状況なら言うしかないのでしょうか?

 

それはなかなかに危険な賭けと言えますので
よしのぶとしましてはその方法の実践はお勧めしません。

せっかく好きな男性と連絡先を交換できているのですから
好きな男性となかなか接触出来ないのであれば
その交換できてる連絡方法を使い

好きな男性に関する質問を行いながら
好きな男性のことをまずは誰よりも知るということに力を注ぎ続けることべきです。

そして、それを続けていくことで
今回のご相談者さんは小さくてもコツコツと確実に
好きな男性からの親近感や信用を得ることにもなります。

そしてそして、そうやって今回のご相談者さんが
好きな男性からの親近感や信用をさらに得続けていけば

恋愛初心者な女性である今回のご相談者さんから
好きな男性に対して頑張ってアプローチする必要もなく

好きな男性から先に
今回のご相談者さんに対して

「今度、いついつに会える?」

「(好きな男性と今回のご相談者さんが共感出来ることをネタにして)
その件で今度、どこどこに一緒に行かないかい?」

というアプローチやお誘いを仕掛けてくることになりますよ^^

・・・・・

いかがでしたか?

この記事が少しでも
あなたの恋愛のお役に立てましたら幸いです。

応援していますよ!

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


【恋愛に関するアンケートにご協力下さいませ^^】




SNSでもご購読できます。