・好きな人や恋人を束縛してしまうということはつまり
「好きな人や恋人を束縛しないと不安でたまらない」という弱さがあなたの心にあるということ

そんな
「好きな人や恋人を束縛しないと不安でたまらない」という弱さがあなたの心にあり続ける限り
あなたがこれから別れた人と復縁しても、あるいは、別の人とお付き合いしても
残念ながらまた同じようなことをあなたご自身の手で起こすことになる

つまり、
「好きな人や恋人を束縛しないと不安でたまらない」という弱さがあなたの心にあり続ける限り
あなたは好きな人・恋人から振られ続けるという運命を克服することは出来ないということ

・あなたが好きな人・恋人から愛されるという幸せを【本当に本気】で手に入れたいのであれば
そんなあなたが最優先すべきことはやはり
「好きな人や恋人を束縛しないと不安でたまらない」という弱さを克服するということである

・「好きな人や恋人を束縛しないと不安でたまらない」という弱さを克服するためには何をすればいいのか?

⇒「好きな人や恋人を束縛しないと不安」という弱さが生まれるのは
【愛を信じることが出来ない】という経験をしてしまっている可能性がある

・【愛を信じることが出来ない】という経験とは?

⇒親と不仲(親から暴力やネグレストなどを受けて育ってしまっている)、
学校などにおける集団活動でいじめを受けてしまった、
心から信頼していた人から裏切られた、など、
【人間不信】に陥るほど深い傷を心に追ってしまう出来事

・【愛を信じることが出来ない】という経験をしてしまっているあなたの心の傷が大きすぎる場合は
心の傷の治療を得意・専門とした心理カウンセラーによる心理カウンセリングを受けるほうがいい

⇒あなたひとりであなたの心の傷を癒すのが難しいようなら
心の治療を専門とした人に手助けしてもらうほうがいい

・心の弱さを克服出来ない人は【心の弱さを生み出し続ける要因】を乗り越えることが出来ていないということ

⇒好きな人から愛されるために好きな人を疑って束縛することを続ける限り
残念ながらあなたはこれからも「好きな人から離れられるという不幸」を味わい続けることになる

【苦しい過去】を乗り越えることが
あなたが【好きな人を束縛しないといけないという心の弱さ】を克服する近道であり
あなたが【好きな人から愛されるという幸せ】を得るために歩むべき近道だということ