恋愛依存症の治し方よりも大事にすべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

※初めてここに来られたあなたはまずこちらの“もくじ”を読んで下さいね♪

おかげさまで僕は
2008年から2400人以上の方たちから
恋愛相談を頂いてきましたが、

その分だけ
恋愛依存症だと思われる方たちからのご相談も
多く頂いてきました。

そして、
この6年に及ぶ恋愛アドバイス活動で気付いた、
恋愛依存症な方たちに共通している点というのが

×自分に自信が無い。

×ネガティブ・マイナス思考が強め。

×何らかの理由で好きな人を信じきることが出来ていない。

×好きな人から裏切られることを極度に恐れている。

もちろん、
全部が共通しているわけではありませんが、

でも、恋愛依存症の方たちは
上記のうち最低3つの特徴があります。

そして、
恋愛依存症の方たちにある
もっともヤバイ共通点が

×自分の人生を自分で幸せにするための明確な夢・目標が無い。

です。

そもそも、恋愛依存症になってしまうのも
自分で自分を幸せに出来ていないからなんです。

だから、特定の人にすがるしかない、
だから、恋愛に逃げるしかない、
という状況になってしまってるわけです。

自分で自分の生き方や人生を楽しめていないと
恋愛はもちろんのこと、
学業も仕事も上手くいかなくなるし

また、友達や親兄弟といった
親しい人たちとの人間関係も悪くなりやすくなるし、

やりたいことや好きなことや趣味が楽しめなくなるし、

食欲も無くなって
体も心も元気が無くなっていくという
悪循環にどっぷりハマってしまうものです。

だから、恋愛依存症を治したければ
恋愛依存症を治すということよりも、

これからの自分の毎日を
どうやって楽しんでいこうか?

これからの自分の人生を
どれだけ明るく輝くものにしていこうか?

ということを考え、
そして、それを形にするべく
実践・実行していくことが大事です。

あえて厳しい事を言いますが
自分の夢も語れないような人に
残念ながら人は付いてきません。

と言っても、
そんな大きな夢じゃなくてもかまいません。

ただ、勘違いしないでほしいのですが、
その夢を
「素敵な人との結婚」とか
「結婚して素敵な家を建てる」とか

恋愛依存症が克服できていないうちは
そういうものを夢にしないでほしいのです。

やはり、恋愛を上手く行かせる自信がないからこそ
残念ながら恋愛依存症を克服できていないわけなのですから、

だから、恋愛依存症が克服できていない状態で
「素敵な人との結婚」とか
「結婚して素敵な家を建てる」とか

そういった恋愛絡みの夢を見ても
余計に自分で自分を苦しめてしまうだけです。

人生、一度きりですよ?

たとえ、神様にしか分からないのだとしても、
僕にもあなたにもこの世のすべての人たちにも
この世に人間として生まれた意味が必ずあるのですよ?

だから、自分は何のために生まれたのか?

そして、この人生で
自分は何が出来るのか?
何を後世に残していけるのか?
何を子孫たちに伝えていけるのか?

ちょっとおおげさな話にはなりましたが
でも、とても大事なことなので
上記のこともよく考えてほしいのです。

恋愛で悩み苦しむ事をダメとは言いません。

ですが、生きていれば
恋愛での悩み苦しみよりも
はるかに大変で苦しいものがたくさんあります。

むしろ、恋愛での悩み苦しみのほうが
全然楽だと思えることのほうが
この世界には多いです。

なので、たった一度の人生を
少しでも無駄にしないように、

これからのあなたの人生を
あなたはどうすればあなた自身で
楽しくて明るくて素敵なものに出来るのか?

それをいつもよく考えながら
それを形にする生き方を楽しんでほしいのです^^

そうやって自分で自分を豊かに出来ていれば
恋愛依存症なんて簡単に治せますよ^^

もう一度言いますが、
恋愛依存症を克服できていない人は
『自分で自分の人生を豊かに幸せに出来ていないだけ』
なのですから。

だから、あなたがこれから
恋愛依存症を治していきたいなら

たった一度のきりのあなたという人生を
あなたの手で少しでも明るく楽しいものにしていってくださいね^^

では、最後に僕からあなたに質問です。

あなたのこれからの夢や希望は何ですか?

また、あるいは
あなたがこれから頑張りたいことや
やりたいことは何ですか?

・・・これらの質問に対して
恋愛とはまったく関係の無い答えを
明るく楽しく話せるようになれたら

その時はもう
あなたは恋愛依存症を完全に克服できていますから^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


【恋愛に関するアンケートにご協力下さいませ^^】




SNSでもご購読できます。