海外に行ってる彼氏との遠距離恋愛の苦しみを彼氏が戻ってくるまで乗り越え続けることが出来る方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

教えてgooにこんな恋愛相談がありまして。

・・・ここから・・・

私はすぐに泣いてしまいます。
彼が海外赴任となり遠距離になってしまいました。
なんとか送り出しましたがやはり苦しくて泣いてしまいます。
泣きすぎなのはわかってるけど自然と涙が。。。
これは悲劇のヒロインをかもしだしてるのでしょうか。。
他事を考えたりしますがだめだー!!
時間の問題かなーともおもいますが!!
誰か同じ体験をしてたら克服出来る案を教えてください。

※引用元URL
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9711428.html

・・・ここまで・・・

では、僕の見解ですが、
愛する彼氏が海外に行っちゃうのは
当然ながら寂しくて苦しいものですよね。

「遠距離恋愛が苦しいのは当たり前なんだから
その苦しみを我慢しないといけないよ」

なんてことを僕は言うつもりはありません。

ただ、あなたが愛する彼氏が
そもそもどういう理由で海外に行くことになったのか?

まずあなたに見てほしいのがそこなんです。

たとえば彼氏が大金持ちで、
働きもせずいつも時間を持て余しているので
ただ海外をブラブラ遊びに行くということならば
また話は違ってくるかもしれませんが
(↑こういう男性はそもそも滅多にいないかと思いますが)

一般的にはやはり
『赴任』か『留学』か『数日~数ヶ月単位の旅行』
このいずれかが海外に行く理由だと思いますので、

いずれにしても
あなたが愛する彼氏が海外に行く事になったということは
やはりそれだけの理由があるから、ですよね。

彼氏だってあなたにすぐに会えなくなる状況に身を置くのは
寂しくてつらいことでしょう。

でも、彼が海外に行かないといけない理由があるからこそ
あなたにすぐに会えなくなる苦しみを
まるで針を何千本も飲み込むくらいの気持ちで
向かうべき海外に行っているはずなのですから

だからあなたもそんな彼と同じくらいの気持ちで
あなたが今居る場所で彼と同じくらいに
自分のためのことを頑張らないといけないですよね?

あなたは彼のことが好きなんですよね?

ということはつまり
あなたが彼のことを最も幸せにしてあげたいのですよね?

愛する彼を幸せにしてあげたいならば
海外でひとり頑張ってる彼と同じくらいのレベル・気持ちで

あなたはあなたで
今あなたが生きてる場所で
一日一日を全力で生きていかないといけないですよね?

彼に会えなくて寂しいとか言うな、
なんて無粋なことを僕は言いませんよ。

寂しい時は寂しいと言っていいのです。

けど、あなたがいつも
「彼に会えなくて寂しいよ~苦しいよ~」
なんて弱音・愚痴ばかり吐き続けたら


愛する彼はきっと

「オレは海外で一生懸命頑張ってるのにお前は何なんだ!
オレだってお前に会いたいから頑張ってるのだから
お前はお前で今居る場所で一生懸命頑張ってくれよ!!」

という感じであなたを叱咤すると思いますよ。

ということで
前置きがかなり長くなってしまいましたが

海外に行ってる彼氏との遠距離恋愛の苦しみを
彼氏が戻ってくるまで乗り越え続けることが出来る方法
(※よしのぶ流)

とは・・・

海外で頑張ってる彼と同じ精神レベルで
自分で自分を良くするための行動を積み重ね続けるよう
毎日を一生懸命生きていく

ということです。

しょせん、これは精神論です。

けど、心がブレてる時は
どんな有名な方法を実践しても上手くいかないものです。

だからこそ、
自分の精神力や精神レベルを高めることが
自分の人生をより成功・幸福に導く事が出来るということを

海外の彼との遠距離恋愛で
寂しくて苦しんでる今のあなたにだからこそ
しっかりとご理解頂きたいのです。

彼がただ遊びに海外に行ったのならばともかくですが
彼が行かなければいけない強い理由があって
彼がその海外に行っているのであれば

そんな彼があなたに言いたいことは

「オレはオレで海外で一生懸命頑張ってくるから
お前はお前でオレが帰って来るまでそこで頑張っていてくれ」

でしょうから、

あなたが彼の期待に応えたいなら
そして何より
あなたが彼の事を誰よりも幸せにしてあげたいなら

彼と離れている遠距離恋愛中に
あなたご自身のグレードを何段階もパワーアップさせてみてください。

そして、彼があなたがいる場所に帰ってきたときには
何段階もグレードアップしたあなたを見て
彼をおどろかせてやりましょう!^^

・・・・・

いかがでしたか。

この記事が少しでも
あなたのお役に立てましたら幸いです。

応援していますよ!

【関連記事もご覧下さい】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す