好きな人の顔色を伺う姿勢では、好きな人からは愛されない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

※初めてここに来られたあなたはまずこちらの“もくじ”を読んで下さいね♪

今日はある女性の方に
『よしのぶ流・恋愛成功カウンセリング』
受けて頂いたのですが。

その方は本当にいろんなことを頑張っているのですが、
肝心の好きな彼に対してだけは
どうも自信を持てず、

借りてきた猫のようにおとなしくなってしまって、
好きな彼の顔色を伺ってばかりな姿勢になってしまってるので、

別に何も悪いことなど起こっていないのに
「どうしよう・・・何かまずいことやってしまったかなぁ・・・」
なんて感じで、自分で自分を必要以上に責めてしまう、
という悪循環に陥ってしまっていまして^^;

なので、僕はカウンセリングで

『あなたはいろんなことを
いつも一生懸命頑張っているのだから
もっと自分に自信を持っていいのですよ。

他の男性に対してなら
普段のあなたを普通に出せるわけなのだから、

それをそのまま
好きな彼に対しても見せてあげれば良いのですよ。』

というアドバイスをして差し上げました。

つまり、今回のご相談者さんは
『恋愛に対してだけ自信を持てない』
というタイプの人なんです。

まあ、裏を返せば
それだけその彼のことが好き過ぎるという証拠です。

好き過ぎるからこそ
そんな彼に嫌われる事を
極度に恐れてしまっていて、

好きな彼に嫌われたくないために
自分で自分を過小評価してしまってるわけです。

でも、好きな人から愛されたければ
好きな人のことを誰よりも幸せにする!
という信念を貫かなければいけませんし、

その信念が無い人ほど
弱い自分に負けてしまったり、

横から表れたライバルに
好きな人を取られてしまっては

「私はあの人(=ライバル)には勝てない・・・」
なんて自分でそう決め付けてしまってるものです。


だから、
好きな人の顔色を伺う姿勢では、
好きな人からは愛されません。

好きな人から愛されたいなら
「私があなたのことを誰よりも幸せにしてあげる!」
という信念を貫ける強さを持ってください。

好きな人が他の誰かと付き合うなんて
あなたは嫌でしょう?

だったら、
好きな人を誰よりも幸せにする!
という思いと使命を強く持たなければいけませんよ。

なので、だからこそ、
自分で自分を過小評価している場合ではないんです。

自分で自分を過小評価してしまうと
好きな人から愛されなくなり
ライバルには絶対に勝てなくなるわけですから。

一度きりの人生ですよ?

他人に対してはダメですが
自分に対しては
「私は好きな人を誰よりも幸せに出来るパワーがあるんだよ」
というホラを吹いていいのですから。

そんなホラも
自分に対して吹き続ければ
いつのまにか現実になるものですよ^^

ということで、
好きな人から愛されたければ、

・好きな人の顔色を伺うような姿勢・考え方はやめる。

・好きな人を誰よりも幸せにする!という使命と信念を強く貫く。

・ライバルに負けないためにも、自分で自分を過小評価しない。

・自分に自信が無いのなら、
自分に自信を持てるようになるまで
「好きな人を幸せに出来るパワーが私には圧倒的にある!」
というホラを自分に対して毎日吹き続ける。
(=潜在意識の活用とイメージトレーニングの応用。)

ということです。

いかがでしょうか?

少しでもこの記事が
あなたの恋愛のお役に立てます事を願います。

応援していますよ!^^

 

【関連記事もご覧下さい】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す