※初めてここに来られたあなたはまずこちらの“もくじ”を読んで下さいね♪

好きな人とのメールが続かない、
というお悩みを抱えている人は多いですが、

やはり、メールだけでは
好きな人との距離はなかなか縮みにくいものです。

好きな人と直接会い、
好きな人と直接話をすることほど
最強なコミュニケーション方法はないですからね。

だから、あくまでもメールのやりとりは
好きな人とのコミュニケーションツールのひとつであり、

どちらかと言えば
メインではなくサブ
という考え方をすれば

もっと気軽に
好きな人とのメールを楽しめるようになれます^^

とはいえ、
それでも好きな人とのメールが
マンネリになってしまうのはなぜか?

その大体の理由が

×話を振るのが下手

×好きな人が喜ぶ話を出来ていない

×自分のことばかりを話す事が多くなってる

以上のどれかひとつ以上が該当しています。

元々話があまり上手くない人ならば
やはり、メールは上手く使えないでしょうし、

それどころか
メールをするという行為に
苦痛を感じているかもしれませんね^^;

また、好きな人がどういう人なのかを分かっていないと
好きな人の心をつかむ話や行動なんて出来ないですし、

好きな人がどういう人なのかを
分かっていないということは

それはそれだけ
好きな人がどういう人なのか?
その情報収集の努力が
明らかに不足している証拠です。

そして、愛されるのが下手な人ほど
自分のことばかり優先しているものです。

たとえば、

「私のことを愛しているならば
あなたから先にメールしてくるのが当たり前でしょ?」

というふうに
自分の都合のいいように、
自分の都合を相手に押し付けるということを
優先しているものです。

また、今のお話とは別のパターンになりますが、
自分のことばかりを話していて
相手に対する気遣いや配慮が欠けていると

相手からすれば
「この人、自分のことばかり話していてつまらない」
となるわけですし、

また、相手が寂しがり屋だったり
甘えん坊だったり、
『構ってちゃん』だったりすると

「この人、自分のことばかり話すから
私のこと全然構ってくれないから寂しい」
ともなりやすいわけです。

なので、もう一度言いますと

×話を振るのが下手


×好きな人が喜ぶ話を出来ていない

×自分のことばかりを話す事が多くなってる

このどれかひとつがあると、
好きな人とのメールのやりとりがマンネリになりやすく、

そして、それは言うまでもなく
好きな人から愛されなくなることになるわけです。

ちなみにあなたは
好きな人とのメールを楽しめていますか?

もし、楽しめていなかったり、
「なんだか好きな人からよく思われていないなぁ・・・」
と思ってしまうようなやりとりになってしまってるならば、

上記のどれかひとつが
確実にあなたに該当しているということを
あなたは認めなければいけません。

そして、
好きな人とのメールがマンネリになることなく、
何度もやりとりを続けられる方法とは
上記三つ全部のバツの逆を行けばいいだけのことです^^

つまり・・・、

×話を振るのが下手

ならば、話し上手になればいいだけ。

そして、話し上手になるための努力を
続けていけばいいだけ。

 

×好きな人が喜ぶ話を出来ていない

ならば、好きな人がどういう人で
好きな人がどういうことで喜び、
どういうことで笑う人なのか?

その情報を積極的に収集し続けていけばいいだけ。

 

×自分のことばかりを話す事が多くなってる

まったく自分の事を話さないのも良くないので、
自分のことを話しつつも、
好きな人の話もきちんと聞いてあげる。

そのバランスをきちんと
50対50(フィフティ・フィフティ)で保てば良いだけ。

また、そのバランスを保てるよう
きちんと相手に対して配慮と気遣いを
欠かさず行い続ければいいだけ。

・・・

たったこれだけで
好きな人とのメールがマンネリになることなく、
何度も楽しいやりとりを続けられるわけです^^

愛されるのが上手な人ほど
上記の三つ全部を極めようとしているものですよ^^

あなたはいかがでしょうか?