好きな人から10倍以上愛されまくってしまう気遣いと心のあり方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

※初めてこのブログに来られたあなたはまずこちらの“もくじ”を読んで下さいね♪

好きな人から愛されることって難しくありません。
むしろ、簡単です^^

にも関わらず
好きな人から愛されないという苦しみを
味わってしまってる人が多いのはなぜなのか?

その理由も今からお話させて頂く内容で
あなたにはしっかりと分かって頂けるでしょう^^

ということで
『好きな人から10倍以上愛されまくってしまう気遣いと心のあり方』
(よしのぶ流)
を今からあなたにお伝えいたしますね^^

気遣い:『察してあげる』

頭ではあなたも誰でも分かることでしょう。

にもかかわらず
「察する」ということが出来ていないからこそ
好きな人から愛されないという苦しみを味わっているのです。

では、察するとは何か?

これは言い方を変えると
『余計なことをしない』ということになります。

つまりたとえば
好きな人が友達と遊んでいるなら

あなたが
「今どこで何してるの?寂しいよー・・・」
なんてメールやLINEをしちゃったら

まさにそれって好きな人には
『余計なこと』ですよね。

「オレが友達と楽しく遊んでいるのに
気分が滅入るようなメールをしてくるなよ・・・」

「あたしが友達と遊ぶ時間くらい
あたしの自由にさせてよ!
あなたの束縛が強くて嫌だよ!!」

と、好きな人には思われかねないわけです。

愛されるのが上手な人ほど
好きな人に対して余計な事をしません。

そして、好きな人に対して余計な事をしないということは
それだけいつもしっかりと
好きな人の心の奥深くまで見ようとしているわけです。

自分が先に好きな人から愛されたいばかりの気持ちしかないなら
自分から先に好きな人の心の奥深くを見てあげよう、
なんて気遣いを好きな人に対して行えないわけです。

いかにあなたから先に
好きな人へ余計な事をせずに済むのか?

『好きな人に嫌われない努力』
というよりかは

『自分のせいで好きな人に嫌な想いをさせてしまわない努力』
に励んで頂ければ、ということです^^

 


心のあり方:『ドーン!と構えて、そして、受け入れてあげる』

人は誰もが自分の事を理解されたい生き物です。

だからこそ、
自分の事を認めることなく
否定する他人のことを
人は好きにはなれないものなのです。

だから、
好きな人から愛されたければ
どれだけ好きな人の事を
あなたがひとつでも多く認めてあげることが出来るかどうか。

だからこそ、
小さな事をいちいち気にしないで済むだけの
『ドーン!と構えられる心の広さ』と

『好きな人の事を受け入れてあげることが出来る心の広さ』
このふたつの心のあり方が
好きな人から愛されるためには欠かせないわけです。

もちろん、好きな人から愛されたいといっても
だからといって好きな人の事を
何でもかんでも受け入れることは出来ないでしょう。

あなたがどうしても好きになれない
『好きな人の趣味』もあれば

あなたがどうしても興味を持てない
『好きな人が頑張ってる仕事』もあるでしょうから

好きな人のすべてを受け入れなければいけない、
なんて思わなくても大丈夫ですので、

まずはあなたが普通に受け入れることが出来るものから通じて
好きな人への理解と共感を深めていってみましょう^^

そして、そのためにも
余裕を持つことは大事ですよ。

恋愛だけの話ではありませんが
でもやはり、余裕の無い人ほど
人間関係を上手に構築できていないものです。

・・・・・

簡単にザッとお話しましたが
要するに『察してあげる』と『受け入れてあげる』
このふたつが出来る人は最強の愛され上手だということです。

そもそも愛されるのが下手で
恋愛が上手くいっていない人ほど

いつも自分が報われて幸せになりたい気持ちでいっぱいいっぱいなので
相手の事を察してあげようという余裕を持てていないし、

また、先に相手の事を受け入れてあげることよりも
自分が先に相手から認められて愛されたい願望でいっぱいいっぱいなのです。

だからそういう人ほど愛され下手で
恋愛も人生も上手くいっていないわけです。

あなたがこれから本当に
愛されて恋愛も人生も楽しく上手くいくようになりたいなら

好きな人に対してだけじゃなくて
あなたが人として仲良くなりたい人たちに対しても
あなたから先に『察してあげる』
『受け入れてあげる』をどこまで行ってあげられるか?

それをいつも大事にして頂きたく思います。

応援していますよ!^^

 

【関連記事もご覧下さい】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください